楽しいことがない。その原因は依存心の強さにあった?

 

ぬえです@deepspaceout12

 

この記事はこんな人におすすめ。

  • 楽しいことの探し方を知りたい。

 

ぬえ
人生辛いことが多いよね。楽しいこともっとしたいけど、どうやったら見つかるんだろう?

 

毎日の生活を彩る「楽しい」こと。

 

好奇心のアンテナがビンビン立ってしまうようなこと。

 

人生、辛いことが多いです。悲しいことや苦しいことも。

人間は、平均80年も生きると言われていますが、それだけの長い間、苦しいだけの人生なんて、とてもじゃないですが耐えられませんよね。

日々の仕事、学業、人間関係など、疲弊して心が泣いているあなた。

 

もっと心が晴れるような、「楽しいこと」を見つけていきませんか。

私も日々、そういったものを探して生きています。

今回は、そんな「楽しいこと」について考察していきましょう。

 

 

 

 

楽しいことを見つけるのは難しい?

 

 

楽しいことを見つけるってなかなか難しいと思ってしまいますよね。

 

ぬえ
私も学生の頃は、よく「楽しいことないかなあ」と口ずさんでいましたね。

 

不思議なことに、「楽しいこと」って探そうとすればするほど見つからないんですよね。

 

例えば人に「楽しいことが見つからないんですけど、どうしたらいいですか?」って相談をすると、決まって

 

それは、あなたが面白いことに気づけていないだけだよ。面白いことは身近にあるよ。

 

って言われるのがオチ。

 

ぬえ
うん。じゃあどうやって気づけるの?その方法を教えてよ!

 

 

「たくさんの面白いことに気が付ける人が、人生を豊かにする」って頭では理解していても、それが難しいんですよね。

 

 

「楽しいこと」ってなんだ!

例えば、

私が「楽しいこと」を一つ上げるとすれば、「絵を描くこと」。絵を描いてると心が踊るし、鼻歌を歌いたくなるし、元気になれます。

「お花の写真を見る」のもいいですね。お花は見るだけで心が安らぐし、楽しい。

 

あなたにとって、「楽しいこと」ってどんなことですか?

当たり前ですけど、「楽しいこと」をイメージして、ネガティブなものを思い浮かべた人っていないと思います。

 

楽しいこと=心ときめくこと=何かキラキラ光ってるもの=人生を豊かにするもの

 

楽しいことは好きなことでもあるし、好きなことは心ときめくものでもある。楽しいことをしてる時は、人は笑うし、幸せ。楽しいことって、人生をより鮮やかに彩ってくれるものです。

 

学生時代の私は、当時こう思ったことがありました。

 

「楽しいこと」をたくさん知れば、人生豊かになるじゃん!

 

学校の先生に聞いてみたことがあるんですよ。

 

「先生、面白いことってどこにありますか?」

 

そしたら、予想外の返答が返ってきた。

 

 

それって他力本願じゃないの?

 

こう先生に言われたわけです。

この「あ〜楽しいことどこかに転がっていないかな〜」という考えは、見方を変えてみると、面白いことを他者に委ねているのではないか。

私の学生の頃のように、いつも「何か楽しいことないかな」と考える人の心理というものは、「何事も他者に判断を委ねている」ことで「自分で何一つ変えようとしない」ことでもあるという。

この考えって、実は自分に対してとても無責任な考えを持っているんじゃないのって。

確かに,,,、勧められたことが面白くないことであれば、全部人のせいにできるんですもんね。

 

そこで、私は、この他力本願の部分を少し紐解いていくことにしました。

 

 

楽しいことがない理由 : 寂しがり屋でメンタルが弱いから

 

「ねえ、それって面白いの?」
「面白いことないかな?」

他人にこんな事を聞くような人っていますよね。

このような人の考え方として、相手に現在の自分を助け出してほしいという、ある種の依存心の強さがあります。

私の人生はとても辛く、つまらないんです。だからあなたなんとかしてください。

と、言っているようなものです。

このようなタイプの人間は、寂しがり屋です。誰かに構ってほしいんです。

ちなみにこれは、私の説明をしています。

 

 

楽しいことがない時は一体どうすればいいの?

 

「楽しいこと」を求める人たち。

このような人たちは、日常に空虚や単調を感じており、飽き飽きしている状態なんです。

そのような考えは、とーーってももったいないです。

幸せはあるのではなく感じるのだ。みたいな名言がありますが、本当にそうで、面白いことって見つけていくものだと思います。

じゃあ具体的にどうやったら面白いことを見つけることができるのでしょうか?

 

 

楽しいことがない時のコツ : 人生は実験なんだって割り切る。

 

この方法は非常に有効です。

人生を実験のように、あれこれ試しながら楽しんでみる。

 

いつもと帰る道とは全く事なる道を選んで帰宅したり、普段は噛まない味のガムを買ってみたり..ほんと小さいことでもいいのです。とにかく新しいことを実験的に楽しんでみる。

 

これが不思議で、継続的に新しいことに挑戦し続けていると、気持ちや気分が前向きになってくるし、自分に自信が持てるようになります(これ重要)

 

ぬえ
気分が高揚するだけで、周りの風景が面白いほど楽しく見えてくる。あの感覚好き。

 

 

知ってることだけを楽しむのってすごく勿体無いし、後ろ向きになってしまいます。

毎日知らないことを知る。毎日新しいことに挑戦する。どんなことだっていいんです。それが心を素敵に保つ方法なんです。

 

 

なにをやっても楽しめないのは、知ってることしかやってないから。

 

icon-arrow-right 香りを使って、落ち込んだ気分をコントロールしよう「集中できない時は香りを使う!香りは気分をコントロールする」。

 

しかし、だからって、なんでもやってみればいいかと言われたら..実は気をつけなければいけない点もあります。

当たり前ですが、気になるからって人を殺めたりしちゃいけないし、人に対して傷つけることなんかはやってはいけません。

 

私の場合、昔道端に千円が落ちていて、本当は交番に届けるべきなんだけど、その時は「もっていかない!」という意味のわからないチャレンジをしたことがあります。

たかが千円と言われるかも知れないけれど、財布の中身を見るたびに思い出すんです。お金を使うときなんて、かなりの罪悪感を感じます。

良心が痛むようなことはやってはいけません。最悪の場合、個人的な世界観をも壊してしまうので、楽しむ楽しまない以前の問題になってしまいます。

 

小学生や中学生の頃って、良心が痛むようなことに興味を持ち始める頃ですけど、後悔するのは最終的に自分です。やってはいけませんよ。

 

 

終わりに

人生を生きていく中で、「面白いこと」を見つけるための方法を私なりに記述してみました。

まずは小さなことでいいと思います。

何か新しいことにチャレンジしてみると、知らない世界が少し見えます。そこから、興味が向くような場所を手探りで探してみましょう。そうすることで、なりたい自分にも近づけるかもしれませんよ。

 

それには、前述した通り、自分がどんな人間かを知る必要があります。自分はどういうものが好きなのか、どういうものにときめくのか。などなど。一度立ち止まって考えてみるといいでしょう。

「楽しいこと」を受信するアンテナの感度を上げることが重要です。

 

 

 icon-check その他おすすめ記事

日記を書いて、自分の思考のクセを把握するには?日記を書いて創造性をあげよう!

 

デザイナーの私が夢中になったおすすめ小説

2018.09.12

本を読むのはおすすめです。新しい感性を獲得できますし、違う価値観に触れることで、前向きな新たな視点を持つこともできます。

 

人生に疲れたら雨音を聴こう。雨音は胎児回帰という考え

2018.09.17

雨音を聞くのも良い気分転換になるかも。辛い日は、無理せず家でのんびり雨音を聞きながら、好きなことをしましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です